12月の新刊:歴史のなかのスペイン——キリスト教徒,モーロ人,ユダヤ人

2020年 12月 15日

歴史のなかのスペイン歴史のなかのスペイン
キリスト教徒,モーロ人,ユダヤ人
アメリコ・カストロ(著)
本田誠二(訳)

判型:A5判上製
頁数:656頁
定価:8000円+税
ISBN:978-4-8010-0521-1 C0022
装幀:齋藤久美子
12月下旬頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


実証主義を超えて、スペイン史の内奥へ
客観的事実の積み重ねと合理的世界観に背を向け、遠大な計画の夢想、信仰、名誉の追求に情熱を燃やすスペイン的心性は、いかにして醸成されたのか?
スペインを代表する文芸批評家=歴史学者が、騎士道物語、中世イスラム抒情詩、ユダヤ文学の比較分析をはじめとする文学・言語学的方法によって〈スペイン人〉の歴史的な生の総体を洞察するとともに、独自の〈生の在り方〉が生まれる背景となった、スペインにおけるキリスト/イスラム/ユダヤの対立的共存を前提として、スペイン史をその起源より問い直し、大論争を巻き起こした記念碑的書物。

《たとえ間違いを犯すことになったとしても、きわめて不完全なかたちでしかなしえないとしても、己の歴史を生きた人々の存在のなかに分け入っていくことが必要である。外部ではなく内部へと。年代記の叙述的・外部的なやり方を忘れて、歴史のなかへ。もし生が生起する様式が前もって〈見えて〉こないならば、生を語ろうとする試みは無駄である。なぜなら、その結果は茫漠とした挿話となるのが落ちだからである。生がどこから発し、どちらに向かうのか、まとまった構造のなかで見ようと努力せねばならない。もろもろの〈事実〉は歴史ではない。》(本文より)

Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:変貌するフランス・オペラ

2020年 12月 15日

書影_変貌するフランス・オペラ変貌するフランス・オペラ
ブフォン論争の功罪
内藤義博(著)

判型:A5判上製
頁数:318頁
定価:4500円+税
ISBN:978-4-8010-0537-2 C0073
装幀:西山孝司
12月25日頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


フランス・オペラとイタリア・オペラの優劣を競う大騒動の顛末!
「フランス人は音楽を持っていない」(ルソー)――政治的危機が頂点に達した1752年、オペラ座を席巻した〈オペラ・ブッファ〉ブームは、パリ音楽界を二分し、イタリア・オペラ讃美派対フランス・オペラ擁護派の「ブフォン論争」を巻き起こす。両陣営のパンフレットが政治色を強めるなか、ルソーの放った一矢によって論争は思わぬ展開を迎える……グリム、ダランベール、ディドロ、そしてラモーまで、喧しい論戦をかきわけて、その全容を明らかにする。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:ジョルジョ・デ・キリコーー神の死、形而上絵画、シュルレアリスム

2020年 12月 11日

書影_デ・キリコジョルジョ・デ・キリコ
神の死、形而上絵画、シュルレアリスム
長尾天(著)

判型:A5判上製
頁数:286頁+別丁8頁
定価:4500円+税
ISBN:978-4-8010-0536-5 C0071
装幀:宗利淳一
12月25日頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


世界は無意味、だが謎は残る
静寂に包まれた広場、延々と続く通り道、何かが待ち受けているような曲がり角、脈絡のないオブジェたち……神秘的で不穏なヴィジョンを発現する「形而上絵画」の原理を、ニーチェの「神の死」にまで遡り、真実なき世界の解釈可能性を賭けて、シュルレアリスムとの邂逅と断絶までを究明する。
Read the rest of this entry »

 

《コメット・ブッククラブ》無料期間延長&メールマガジン特別公開のお知らせ

2020年 12月 11日

当初2021年1月より会費有料化を予定していた《コメット・ブッククラブ》ですが、ご好評につき、会費無料期間を2021年6月まで延長いたします。
ご入会についてはこちらです。
メールマガジンの他、「書籍の特価での購入」や「イベントへのご優待」など、さまざまな特典があります。ぜひ、ご入会ください。

また、《コメット・ブッククラブ》の月刊メールマガジン『コメット通信』は、先月末に第4号が刊行されましたが、今回、会費無料期間延長を記念し、『コメット通信』第1号〜4号を特別に一般公開いたします。
最新刊の第4号は、海外作家の豪華執筆陣による特集「新型コロナウィルス・パンデミック下の文学ーー海外から」を掲載しています。執筆者は、ジェラール・マセ、エリック・ファーユ、イト・ナガ、アナイート・グリゴリャン、オラシオ・カステジャーノス・モヤ。他にも盛りだくさんの内容です。
ぜひ、この機会にご覧ください。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:はじまりの夜《パスカル・キニャール・コレクション》

2020年 12月 10日

はじまりの夜にはじまりの夜
《パスカル・キニャール・コレクション》
パスカル・キニャール(著)
大池惣太郎(訳)

判型:46判上製
頁数:246頁
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0229-6 C0397
装幀:滝澤和子
12月25日頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


イメージとはなにか
自らが不在でありながら、自らの起源でもある、孕まれた即夜。夜の画家たちによって生み出された起源の場面から、イメージなるものを考察する、幻想的な絵画論。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:レオノーラ《フィクションのエル・ドラード》

2020年 12月 9日

書影 レオノーラレオノーラ
《フィクションのエル・ドラード》
エレナ・ポニアトウスカ(著)
富田広樹(訳)

判型:四六判上製
頁数:560頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0538-9 C0397
装幀:宗利淳一
12月下旬頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


シュルレアリスム女性画家の生涯
彼女の描く世界は、突飛な諧謔精神と幻想によって支配されており、そこではごく普通の日常の現実と、不気味で思いもよらない現実とを切り離している境界が曖昧でぼやけたものとなる。――オクタビオ・パス

わたしは馬アイ アム ア ホースわたしは牝馬なのアイ アム ア メア

イギリスの大富豪の一族に生まれ、《深窓の令嬢》として育てられたレオノーラは、幼い頃から動物と会話し、精霊が見える不思議なヴィジョンの持ち主。
彼女の運命は、シュルレアリストの画家マックス・エルンストとの出会いによってめくるめき冒険へと投げ出される……
不世出の画家レオノーラ・キャリントン(1917-2011)の生涯を現実とフィクションのあいだに描きだした傑作長篇。
Read the rest of this entry »

 

11月の新刊:ペトラルカ恋愛詩選――『カンツォニエーレ――俗事詩片』から

2020年 12月 9日

ペトラルカ書影_掲載用ペトラルカ恋愛詩選
『カンツォニエーレ――俗事詩片』から
岩崎宗治(編訳)

判型:A5変型判上製クロス装
頁数:232頁
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0532-7 C0098
装幀:滝沢和子
12月上旬頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


イタリア・ルネサンスを代表する詩集『カンツォニエーレ』から49篇を選び,流麗な日本語に甦らせた稀有なアンソロジー。詩人の生涯と作品,そして後代への影響を探る編訳者による論考を付す。

《本書『カンツォニエーレ』がペトラルカ以後の抒情詩人たちの範例となりえたのは,ヨー ロッパの近代初期に自己の内面を深く意識するようになった人間の愛のさまざまな側面が,新鮮なイメージと洗練された筆致で描き出されていたからである。詩集の第一部でペトラルカは,美しく高貴で貞潔な女性ラウラに対する半ば宗教的な憧れと讃美を歌い,抑えがたい愛を告白し,第二部ではラウラ亡きあとの嘆きと喪失感を吐露し,死を前にして自らの魂の救済を聖母マリアに祈っている。
美しいイタリアの自然のイメージで飾られ,優雅な措辞で描かれたペトラルカの愛の世界にわれわれがまず認めるものは,突然詩人を襲いその自由を奪う〈愛〉の力,ラウラの美貌と貞潔の讃美,彼女を愛する喜びと報いられぬ苦しみ,である。》(編訳者の「解説」より)

Read the rest of this entry »

 

11月の新刊:共振

2020年 12月 2日

共振共振
町田久美(絵)
中川素子(文)

判型:A4変判上製
頁数:64頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-8010-0525-9 C0070
装幀:宗利淳一
11月下旬発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


〈次はあなたとの共振になるに違いない〉
自己と世界との関係性をえがく現代美術家の町田久美の絵画作品(28点)に触発され、現代美術批評家の中川素子が文を綴る。絵画と言葉がふれあい生まれる「共振」。
Read the rest of this entry »

 

日本ヘンリー・ミラー協会全国大会のお知らせ(オンライン)

2020年 11月 30日

来る2020年12月5日(土)に、ヘンリー・ミラー協会全国大会がオンラインにて開催されます。どなたでもご参加いただけます。
大会プログラムは以下の通りです。

14:00 Zoom受付開始
14:05 会長挨拶
14:15〜15:15 発表「2人のモダニスト女性作家:アナイス・ニンとH.D.」三宅あつ子先生(京都大学)
15:30〜16:30 発表「Recovering Henry Miller’s Notes on the Death of Mishima」Wayne E. Arnold先生(北九州市立大学)
16:35〜17:35 総会

参加をご希望の方は、ヘンリー・ミラー協会事務局(torunaka@tamacc.chuo-u.ac.jp)宛に、件名を「ヘンリー・ミラー協会大会参加希望」としてメールをお送り下さい。

小社では、アナイス・ニン『炎のはしご』や、『ヘンリー・ミラーを読む』(本田康典・松田憲次郎編)などの著訳書のある、三宅あつ子先生が発表されます。
ぜひご参加ください。

 

11月の新刊:シェイクスピアのファースト・フォリオ――偶像となった書物の誕生と遍歴

2020年 11月 30日

SHAKESPEARE_cover2シェイクスピアのファースト・フォリオ
偶像となった書物の誕生と遍歴
ピーター・W・M・ブレイニー(著)
五十嵐博久(監訳)

判型:四六判上製
頁数:216頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0524-2 C0098
装幀:西山孝司
11月25日発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


人類にシェイクスピアを与えた本、その神秘のヴェールの裏側へ
シェイクスピアの没後まもなく刊行され、その作品群を後世に継承する礎となった、通称「ファースト・フォリオ」。今や天文学的な金額で取り引きされるこの聖像的な書物は、なぜ、またいかにして成立したのか?
17世紀ロンドンの印刷技術の紹介にはじまり、書物のディテールから見えてくる印刷所や植字工たちのありさま、印刷工程で書籍中に置き忘れられた物品のあれこれ、さらには愛書家たちの攻防までをも追いかける、書物が主人公の異色ドキュメンタリー。

***


シェイクスピアが単独で書いたもの、または部分的にシェイクスピアが書いたものと認定されている39本の芝居のうち18本は、ファースト・フォリオによってのみ現在まで残っている。4本は、ファースト・フォリオが出版されていなければ、短く編集された不良本の形でしか残らなかっただろう。また、この他の17本のうち少なくとも半数は、私たちが知っている形とは多少なりともはっきりと違った状態で残っていただろう。ファースト・フォリオが「英語で書かれた本のうちで比類なく重要なもの」と呼ばれるのは、当然である。(本書より)
Read the rest of this entry »

 

11月の新刊:占領期の都市空間を考える

2020年 11月 19日

書影_大手前16占領期の都市空間を考える
大手前大学比較文化研究叢書16
小林宣之・玉田浩之(編)

判型:A5判上製
頁数:177頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0523-5 C0325
装幀:宗利淳一
11月20日頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


記憶をいかに継承するか
戦後70年を迎え、連合国軍による占領時代は遠くなった――しかし、その記憶は思わぬ形でわれわれの生活に刻まれている。占領下の日本を撮影する外国人のまなざし、横浜・神戸の接収事情と都市計画との関係、接収された豪邸の事例検証、そして占領期研究における資料収集・保管の問題まで、占領期研究において新たな視点を提示する!
Read the rest of this entry »

 

11月の新刊:心はどこに在るか

2020年 11月 19日

書影_心はどこに在るか心はどこに在るか
プルースト、サン=テグジュペリ、まど・みちお
武藤剛史(著)

判型:四六判上製
頁数:307頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0529-7 C0098
装幀:齋藤久美子
11月20日頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


すべては心から始まる
真の自己を求めて内面に沈潜したプルーストを手がかりに、ベルナノス、サン=テグジュペリ、ドーテル、まど・みちお、庄野潤三、ミシェル・アンリを通じて、世界と〈私〉が現われる場としての心の働きを捉え直し、愛の関係性に生きる〈いのち〉の論理を究明する。
Read the rest of this entry »

 

11月の新刊:ピエール・クロソウスキーの現在——神学・共同体・イメージ

2020年 11月 18日

クロソウスキー_書影ピエール・クロソウスキーの現在
神学・共同体・イメージ
大森晋輔(編)

判型:A5判並製
頁数:352頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0516-7 C0098
装幀:Gaspard Lenski
11月下旬頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


その全貌に迫る!
小説家、思想家、翻訳家、画家……いまだ全貌が明かされているとは言いがたい特異にして多様な作家ピエール・クロソウスキーを改めて読み直し、さまざまな角度から継承すべき遺産を見定める。未訳のテクストや貴重な対談、リンギスの共同体論やビュトールの活人画論など、豊富なテクストを収めたクロソウスキーの「いま」を問い直す必携の書。

執筆者=ピエール・クロソウスキー ジャン=モーリス・モノワイエ ベルナール=アンリ・レヴィ 酒井健 大森晋輔 森元庸介 アルフォンソ・リンギス 松本潤一郎 ギヨーム・ペリエ ミシェル・ビュトール 須田永遠 千葉文夫 兼子正勝

Read the rest of this entry »

 

荒川徹『ドナルド・ジャッド――風景とミニマリズム』、第30回吉田秀和賞を受賞

2020年 11月 11日

小社より2019年7月に刊行された荒川徹『ドナルド・ジャッド――風景とミニマリズム』が、第30回「吉田秀和」賞を受賞いたしました。選評者の一人である磯崎新氏による選評を一部抜粋します。

「ミニマリズムに関する著作が多数あるなか、本書はミニマリズムに徹し、論点が展開していく上での標的(アーティスト、年代、場所)が具体的に絞られている点が非常に良いと思いました。かつミニマリズムを都市、建築、工業製品、人工的なランドスケープなど「美術外」の思考と接続させて論じており、展開のヴァリエーションが豊かで、文脈が開かれています」

また、第30回となる今回の受賞では、小社より刊行の『ジョン・ケージ伝』の訳者の一人でもある柿沼敏江さんによる『〈無調〉の誕生――ドミナントなき時代の音楽のゆくえ』(音楽之友社)とのダブル受賞となりました。
「表象文化論奨励賞」につづく受賞をされた荒川徹さん、そして柿沼敏江さん、おめでとうございます! また、選考委員の皆様をはじめ、このたびの選考に関わられた皆様に感謝申し上げます。

 

オンライン公開シンポジウム『〈ポスト=ヒューマン〉の人文学』開催のお知らせ

2020年 11月 6日

オンライン公開シンポジウム
〈ポスト=ヒューマン〉の人文学


来る2020年11月14日(土)に、京都大学人文科学研究所/アンスティチュ・フランセ関西=京都主催のオンライン公開シンポジウム『〈ポスト=ヒューマン〉の人文学』が開催されます。
「人間の終焉後」における〈人文学〉を探求するアクチュアルな問題を扱うもので、小社では『〈生表象〉の近代〉』や『マルグリット・デュラス 声の〈幻前〉』の編者、森本淳生氏による主催です。登壇者には、デュラス論集にご寄稿いただいたジル・フィリップ氏や、連続ワークショップ「文学としての人文知」の主催者である塚本昌則氏を予定しております。人文学の未来を語る本シンポジウムにぜひご参加ください。

「人間の終焉」が語られるようになってすでに久しい。深化するグローバリズム、遺伝子工学やAIなど飛躍的発展を遂げたテクノロジー、深刻な環境破壊と気候変動、そして、コロナウイルスが示したパンデミックの危機……。近代において世界を統御する主体と見なされた「人間」などもはや幻想にすぎないのなら、「人間」を探究する人文学もまた破綻を運命づけられているのだろうか。文学と哲学の過去と現在の省察から〈ポスト=ヒューマン〉時代の人文学を考える試み。」(概要より)
Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:フランス十六世紀における抵抗の諸相——ドービニェからコキーユへ

2020年 10月 27日

フランス16世紀フランス十六世紀における抵抗の諸相
ドービニェからコキーユへ
高橋薫(著)

判型:A5判上製
頁数:769頁
定価:8000円+税
ISBN:978-4-8010-0514-3 C0098
装幀:滝澤和子
10月下旬頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


宗教戦争期の詩人・宗教人・知識人は支配的理念と、いかに格闘したのか。
混迷の時代に生きた詩人・歴史化のアグリッパ・ドービニェの韻文・散文作品をはじめ、デュ・ロジエ、コキーユらの著作を考証し、十六世紀人の心性をたどる。著者積年の研究の集大成。
Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:文学史の誕生——ギュスターヴ・ランソンと文学の第三共和政《言語の政治》

2020年 10月 24日

文学史の誕生_書影文学史の誕生
ギュスターヴ・ランソンと文学の第三共和政
《言語の政治》
アントワーヌ・コンパニョン(著)
今井勉(訳)

判型:A5判上製
頁数:524頁
定価:7000円+税
ISBN:978-4-8010-0522-8 C0098
装幀:中山銀士+金子暁仁
10月25日頃発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


文学史の歴史をつくること、それは今日と明日のために考えることである。
個人的な領域からの文学読解を高らかに宣言した「作者の死」(バルト)の祝祭が終焉して久しい。新批評が反抗した実証主義的な「文学研究の歴史」(=文学史)はなぜその回帰をみせたのか? フランス第三共和政における文学制度史を反省的に構築/脱構築するとともに、「文学とはなにか」を見定める記念碑的著作。

《文学理論の時代――偉大な時代――は、文学を歴史的に扱う仕方の長期にわたる絶対的な独占、1900年前後とランソン主義の絶頂期以来、文学史と呼ばれているものの勢いを止めた。とりわけソシュールが二〇世紀初頭に刷新した冷徹な二者択一、おなじみの二律背反によれば、こうだ。共時性か、さもなければ通時性、構造か、さもなければ歴史。振り子が大きく戻るときは、すでに到来しているようである。文学史はあらゆるかたちで不興を買っているが、歴史と文学の関連を放棄することなどできるだろうか。(私が自分の時代を理解したいと望む限り、そんなことはできない。)文学史の歴史を作ること、それは今日と明日のために考えることである。一見回顧的なこの問いは、じつは最も現在的な問いである。第三共和政の草創期(とりわけ当時のイデオロギー的な相貌)は、我々が知るべき緊急の対象である。》……本文より
Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:渋谷実 巨匠にして異端

2020年 10月 21日

渋谷実=カバー.indd渋谷実 巨匠にして異端
志村三代子・角尾宣信(編)
四方田犬彦・河野真理江・具珉婀・紙屋牧子・鳥羽耕史・坂尻昌平・久保豊・長門洋平・川崎公平・深田晃司・小森はるか・金川晋吾・斉藤有吾(著)
熊谷勲・有馬稲子・香川京子・高橋蕗子・高橋志保彦(談)

判型:四六判上製
頁数:554頁
定価:5000円+税
ISBN:978-4-8010-0510-5 C0074
装幀:宗利淳一
10月23日ごろ発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


映画よ、いざ最悪の方へ
『自由学校』や『本日休診』で戦後日本の都会風俗を活写するとともに、『現代人』『勲章』『気違い部落』など、人間や時代の深層を軽妙かつ鋭利に、ときに悪辣なまでに風刺する悲喜劇的な作品群を世に問うた渋谷実。
小津安二郎や木下惠介と並ぶ巨匠と見なされた映画監督であったが、その存在は今や忘却の淵に沈みつつある……
混迷を深める現代、細緻な作品分析のもとに今こそ回帰する〈忘れられた巨匠〉の予言的映画美学。

***

本書は、渋谷実という映画史における一つの未踏の空白地帯へと向けた第一歩としてだけでなく、この国の戦争と敗戦後の歩みから現在の私たちの立脚点を再考する契機として、そして、こうした歴史の再検討の上にこそ見晴らしうる私たちの未来へ、それをより良いものにする希望へと向けて、今、世に出された。

Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:カズオ・イシグロと日本

2020年 10月 20日

カズオ・イシグロと日本=カバー.inddカズオ・イシグロと日本
幽霊から戦争責任まで
田尻芳樹+秦邦生(編)
レベッカ・L・ウォルコウィッツ+荘中孝之+麻生えりか+加藤めぐみ+菅野素子+マイケル・サレイ+三村尚央+レベッカ・スーター(著)

判型:四六判上製
頁数:317頁
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0508-2 C0098
装幀:宗利淳一
10月23日ごろ発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


「日本らしさ」でも「日本的」でもない、
カズオ・イシグロの《日本》はどこにあるのか?

芸術、戦争、原爆、幽霊、故郷――
日本を舞台にした『遠い山なみの光』『浮世の画家』など初期作品の読解はもちろん、未刊行の草稿ノート類の調査によって見出された、日本をめぐる幻の作品たちも大々的に紹介・考察。
イシグロに潜在し、イシグロを包みこむ、近くて遠い《日本》のかたちを見晴るかす。

***

2017年のノーベル文学賞受賞をもって、イシグロは「世界文学」の巨匠としての地位を確立したように思える。しかし彼がいま日本からどれほど離れているのかを知るためには、その出発点にあった遠い「日本」――決して自明ではない、不透明な「日本」――を多角的に復元する作業が必須のはずである。本書は、そのような「世界」と「日本」との緊密な弁証法を触知するための試みである。

Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:カズオ・イシグロ 失われたものへの再訪

2020年 10月 20日

カズオ・イシグロ失われたものへの再訪カズオ・イシグロ 失われたものへの再訪
記憶・トラウマ・ノスタルジア
ヴォイチェフ・ドゥロンク(著)
三村尚央(訳)

判型:四六判上製
頁数:354頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0509-9 C0098
装幀:宗利淳一
10月23日ごろ発売!

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎


目をそらすためにふり返る
喪失を語りたいという欲望、喪失を忘れたいという欲望、喪失が起こる前に戻りたいという欲望――
カズオ・イシグロの作品群に通底する中心的概念である〈記憶〉と〈喪失〉の複雑な関係を、フロイトをはじめとする精神分析理論、原爆の被爆者たちを対象としたトラウマ理論、ノスタルジアをめぐる文化理論などを援用しながら緻密に探る、はじめての批評的試み。

***

……トラウマ的なつらい経験や、社会的評価の失墜、人間関係の失敗、あるいは故郷(ホーム)の喪失という形を取っているかどうかにかかわらず、そうしたつらい出来事は、それ以前の意味ある豊かな場として回顧的に形成される過去と、その事件以後(語りの現在までも)続いている、喪失感と不満足、そしてノスタルジアに彩られた時期とを分ける峻険な断絶線として働いている。語り手たちはそうした喪失を過去のものとして閉じ込めておくことができず、それに対する抑圧された罪悪感や、強い失敗感や幻滅などにとらわれ続けている……

Read the rest of this entry »