10月2019のアーカイヴ

「ヘンリー・ミラー・コレクション」完結記念イベント開催のお知らせ

2019年 10月 31日

「ヘンリー・ミラー・コレクション」全16巻完結記念
鹿島茂さんトークイベント
〜ヘンリー・ミラーとパリ〜

水声社刊行の「ヘンリー・ミラー・コレクション」全16巻は、2004年に第一巻が刊行されて15年後の本年10月、めでたく完結することになりました。これを記念し、神保町ブックセンターでは、水声社および日本ヘンリー・ミラー協会と共同して、パリ時代のミラーに造詣の深いフランス文学者の鹿島茂さんをお招きし、トークイベントを開催します。ニューヨーク時代、あらゆる点で失敗者だったヘンリー・ミラーは、1930年代のパリで、「ぼくには金がない、資産も希望もない。ぼくはだれよりもしあわせな男だ」という自覚に導かれ、デビュー作『北回帰線』を書き上げました。この「花の都」で、彼は何を見出し、どのような変容をとげ、そのデビュー作に見られるようなパリを描き出すに至ったのか? 彼にとってパリとは何だったのか? これらの点を中心に鹿島茂先生にインタビューし、ヘンリー・ミラーとパリの魅力について縦横に語っていただきたいと思っています。
聞き手/松田憲次郎(ヘンリー・ミラー・コレクション編集委員)

日時:2019年11月23日(土)
場所:神保町ブックセンター 東京都千代田区神田神保町2-3-1 岩波書店アネックス1F
開場:17:30~19:00 (17:00開場)
参加費:1,000 yen

※参加をご希望の方は、こちらをご覧ください。
Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:冷暖房完備の悪夢《ヘンリー・ミラー・コレクション⑫》

2019年 10月 31日

冷暖房完備の悪夢冷暖房完備の悪夢
《ヘンリー・ミラー・コレクション⑫》
金澤智(訳)

判型:四六判上製
頁数:320頁
定価:3100円+税
ISBN:978-4-8010-0001-8 C0398
装幀:宗利淳一
10月下旬発売!

ヘンリー・ミラー・コレクション(第1期10巻、第2期6巻)全16巻完結!
第二次世界大戦前、1940年にニューヨークから西海岸まで1年がかりでアメリカ横断の旅にでたミラー。実利優先社会のアメリカにおいて、芸術作品は自然の営みによって作られ、ヨーロッパ、アジア、エジプトなどにある信仰と愛、情熱によって作られた不朽の記念碑などはない、と綴った現在にも通じる先見的アメリカ文明批評。
Read the rest of this entry »

 

ソル・ケー・モオ『穢れなき太陽』(吉田栄人訳)、日本翻訳家協会翻訳特別賞を受賞

2019年 10月 18日

小社より2018年8月に刊行した、ソル・ケー・モオ『穢れなき太陽』(吉田栄人訳)が、2019年度日本翻訳家協会翻訳特別賞を受賞しました。訳者の吉田栄人さん、おめでとうございます。また、選考委員の皆様をはじめ、このたびの選考に関わられた皆様に感謝申し上げます。

 

10月の新刊:福永武彦の詩学

2019年 10月 18日

福永武彦の詩学
福永武彦の詩学
《水声文庫》
山田兼士(著)

判型:四六判上製
頁数:229頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0450-4 C0095
装幀:宗利淳一
10月下旬発売!

冥府を越え出て――没後40年
若き日のボードレール体験や「マチネ・ポエティク」の活動を通じて得た詩の富を小説においても展開すべく、作中で様々な実験を重ね、散文詩や音楽に限りなく接近した独自の文学世界を構築した福永武彦。代表作である『風土』や『海市』、「塔」「冥府」「廃市」などの短篇、そして作家最大の到達点『死の島』を読み解き、そこに結晶化した詩学の相貌を探る。
Read the rest of this entry »

 

フェリスベルト・エルナンデス『案内係』刊行記念イベントのお知らせ

2019年 10月 10日

浜田和範×柴田元幸
フェリスベルト・エルナンデス『案内係』刊行記念イベント
〜フェリスベルト・エルナンデスへの案内係〜

日時:2019年11月6日(水)
場所:本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
開場:19:00~21:00 (18:00開場)
参加費:1,500円+1 drink 500

※参加をご希望の方は、本屋B&Bのウェブサイト(http://bookandbeer.com/event/20191106/)をご覧ください。

案内係 書影《1950年にフェリスベルト・エルナンデスを読んでいなかったら、私は今日のような作家にはなっていないだろう》とガルシア・マルケスに言わしめたウルグアイの作家、フェリスベルト・エルナンデスをご存知でしょうか。今年6月に『案内係』(浜田和範訳、水声社)として作品集が翻訳されたことにより、日本ではじめて本格的に紹介されることになりました。
親密で謎めいた独自の世界をどこまでも追い求めるその作風は、ともすれば読者を戸惑わせる捉えどころのないもの。しかし一方でこの「誰とも似ていない作家」(イタロ・カルヴィーノ)が、数々の作家を魅了し、熱狂的なファンを獲得してきたのも確かです。
今回のイベントでは、本書の訳者・浜田和範氏と、翻訳が刊行される前からwebマガジン『考える人』でフェリスベルトを紹介されていた柴田元幸氏をお迎えして、この作家の魅力を存分に語っていただきます。
フェリスベルト・エルナンデスを読まれていない方も、すでに読まれている方も、最高の案内人たちによる本イベントに、ぜひ足をお運び下さい。
Read the rest of this entry »

 

10月の新刊:詳解ポーランド語文法

2019年 10月 8日

ポーランド語文法詳解ポーランド語文法
川井正彦(著)

判型:A5判上製
頁数:744頁
定価:10000円+税
ISBN:978-4-8010-0398-9 C3087
装幀:齋藤久美子
10月1日発売!

難解なポーランド語文法を体系的に整理し理解する
ポーランド語文法の音声論、形態論、統語論の体系的な理解を目指し、夥しい例文と名詞、数詞、動詞の活用変化表を挙げながら、なかでも複雑なその形態論の解明に重点を注いだ、最も詳細なポーランド語文法の解説書。
Read the rest of this entry »

 

【全文公開】座談会*文学としての人文知

2019年 10月 1日

2019年夏〜2021年冬にかけ、東京大学文学部と早稲田大学文学部で開催される研究座談会『文学としての人文知』は、再編されつつある人文科学との対話のなかで、〈文学〉が〈人文知〉と取り結ぶ新たな関係を描き出そうという試みです。発表内容は小社から単行本として刊行する予定ですが、本ページでは、刊行に先駆けて座談会の内容を公開していきます。

第1回 【座談会】文化人類学と文学 〈イメージの人類学〉をめぐって
① 「不可量部分」と「イメージ」② 多元性・複数性③ 幻覚体験をめぐって④ 「フレーム」をめぐる体験

第2回 精神分析と文学(予定)
Read the rest of this entry »