2月の新刊 クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime

2019年 2月 19日

クリスチャン・ボルタンスキークリスチャン・ボルタンスキー
Lifetime
国立新美術館+国立国際美術館+長崎県美術館(編)

判型:B5判変型上製
頁数:208頁、全頁カラー
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0392-7 C0072
ブックデザイン:折原滋
2月中旬発売!

開催中の展覧会「クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime」公式図録。
自己/他者の記憶、生/死、人間の不在/存在の痕跡をテーマとし、さまざまな素材、表現方法を用い世界各地で創作活動を続けてきた作家クリスチャン・ボルタンスキー。1960年代後半の初期作品(《咳をする男》、〈モニュメント〉等)から最新作(《ミステリオス》、《黒いモニュメント、来世》等)までを紹介する大回顧展「クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime」が開催。多数のインスタレーションビューの他、ボルタンスキーと杉本博司の対談、関口涼子によるテキスト、三館の展覧会担当者らによる論考等を掲載。
※回顧展「クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime」は大阪・国立国際美術館で5月6日まで開催中。その後、東京・国立新美術館(6月12日〜9月2日)、長崎美術館(10月18日〜2020年1月5日)に巡回予定。
Read the rest of this entry »

 

2月の新刊:トランジット《フィクションの楽しみ》

2019年 2月 7日

トランジットトランジット
《フィクションの楽しみ》
アブゥドゥラマン・アリ・ワベリ(著)
林俊(訳)

判型:四六判上製
頁数:193頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0407-8 C0097
装幀:宗利淳一
2月20日発売!

燃えあがる〈アフリカの角〉
欧米列強による強権支配,部族対立による混乱から内戦へと,混迷を深めるジブチ現代史を背景に,「難民たち」「亡命者たち」の論理と真理を内側から活写する先鋭な政治小説。
Read the rest of this entry »

 

2月の新刊:私は知っている

2019年 2月 4日

私は知っている 書影私は知っている
イト・ナガ(著)
中山慎太郎(訳)

判型:A5変形判上製
頁数:144頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0359-0 C0097
装幀:宗利淳一
2月下旬頃発売!

日常にひそむ思いがけない「驚き」と、謎に満ちた世界への「愛」に満ちた眼差し――
私は知っている。
知っているの。もうすぐ当たるって。
私は知っている。
知ってるわよ! 知っているってば! ほっといてよ!
私は知っている。
知ってるわ。
私はしっている。
私は知っている……

《私は知っている、人間はみな死ぬ運命にあり、それは私も同じだと。私は知っている、人生には終わりがあるので、人間はずっと苦しむのだと。「私は知っている」という言葉にまして果てのない言葉を思いつくだろうか。知っていても疑いをもってしまうのだ。もしかしたら私はすべてを知っているわけではないのか? 知らぬまに現状が出来上がっているのは、たぶん確かな理由があっても、気づいていないからだ。結末を知っているなら、人生に何かしらの価値があるのか? 私は知っている、そして、その知っていることに支えられ、ニーチェが言う意味において軽快に、陽気に生きなければならない。そして、平凡だと思ってしまうのものに注意をはらって生きなければならないのだ。》(「はじめに」より)
Read the rest of this entry »

 

2月の新刊:引用の文学史――フランス中世から二〇世紀文学におけるリライトの歴史

2019年 2月 4日

引用 書影引用の文学史
フランス中世から二〇世紀文学におけるリライトの歴史
篠田勝英・海老根龍介・辻川慶子(編)

判型:A5判上製
頁数:376頁
定価:5000円+税
ISBN:978-4-8010-0394-1 C0098
装幀:西山孝司
2月下旬頃発売!

偏在する「引用=書き直し」とは何か?
〈オリジナル〉の概念が希薄だった中世にはじまり、テクスト相互の緊張関係が高まりをみせる20世紀まで、フランス文学の豊富な事例を読み解くことで、「引用=書き直し」がもつ多様な広がりに焦点を当てるアクチュアルな研究成果。
Read the rest of this entry »

 

1月の新刊:安藤元雄詩集集成

2019年 2月 1日

安藤元雄詩集集成安藤元雄詩集集成
解説=野村喜和夫

判型:A5判上製函入
頁数:582頁
定価:8000円+税
ISBN:978-4-8010-0387-3 C0092
装幀:山崎登
好評発売中!

孤峰の詩人が紡ぐ「詩そのものの存在証明」
詩を読むという経験の本源的困難さと悦びをもたらす現代詩の最良の成果。半世紀にわたる全詩業を一冊に収録。
Read the rest of this entry »

 

2月の新刊:イマジュリー――19世紀における文学とイメージ 

2019年 1月 25日

イマジュリーイマジュリー
19世紀における文学とイメージ
フィリップ・アモン(著)
中井敦子・福田美雪・野村正人・吉田典子(訳)

判型:A5判上製
頁数:448頁
定価:7000円+税
ISBN:978-4-8010-0370-5 C0098
装幀:滝澤和子
2月上旬発売予定!

イメージはいかにして文学を変えたか?
直線的にゆっくりと読まれるテクスト、ジグザクと複雑な動きですばやく解読されるイメージ。産業社会の中でイメージが氾濫する19世紀、両者が出会い、交錯し、新たな文学史を生み出した……
言語とイメージをめぐり、自然文学研究の泰斗が、該博な知識をもとに文学、美術、言語学、記号論、社会文化論などの領域を自在に逍遥する、新たな表象文化論!
Read the rest of this entry »

 

1月の新刊:記憶は闇の中での狩りを好む 《批評の小径》

2019年 1月 25日

記憶は闇の中記憶は闇の中での狩りを好む
《批評の小径》
ジェラール・マセ(著)
桑田光平(訳)

判型:46判上製
頁数:168頁
定価:2000円+税
ISBN:978-4-8010-0367-5 C0098
装幀:宗利淳一
好評発売中!

世界のざわめき、写真という夢想
森の中で一瞬の闇ののち、獲物を捕らえる狩人=写真家。
ひとたび目を開ければ、そこに残るのはただ、鮮やかに仕立て上げられた死者たち。
詩人であり、写真家でもある著者による、記憶、死者、神話、作家たちの交錯する、
幻想的でシュルレアリスティックな写真論。
Read the rest of this entry »

 

1月の新刊:フランク・オハラ《水声文庫》

2019年 1月 17日

書影_フランク・オハラフランク・オハラ
《水声文庫》
飯野友幸(著)

判型:四六判上製
頁数:219頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0386-6 C0098
装幀:宗利淳一
好評発売中!

すべては気まま
1950-60年代のニューヨーク、ポロックやギンズバーグ、ケージやフェルドマンといった作家・芸術家の間を飛び回って早世した詩人、フランク・オハラ。パーティの片隅で、散歩の途中で、あてもなく書き散らかされた詩は、内面の告白とも霊感による予言とも異なる、独自の境地へといかにして達しえたのか。
戦後の狂騒と冷戦の抑圧の下で、あたうかぎり己の生と詩に自由を与えた異能に迫る!
Read the rest of this entry »

 

1月の新刊:もうひとつの『異邦人』――ムルソー再捜査 叢書《エル・アトラス》

2018年 12月 29日

もうひとつの異邦人もうひとつの『異邦人』
ムルソー再捜査
叢書《エル・アトラス》
カメル・ダーウド(著)
鵜戸聡(訳)

判型:四六判上製
頁数:208頁
定価:2000円+税
ISBN:978-4-8010-0243-2
装幀:宗利淳一
2019年1月中旬頃発売!

「この物語は書き直さなきゃならないんだ。同じことばで、でも右から左にね。」
カミュの『異邦人』を反転させ、ムルソーによって殺害されたアラブ人の弟が紡ぐ《もうひとつの物語》とはなにか!? 世界でもっとも読まれたフランス小説をアラブ人の視点から創造=想像的に捉え返す衝撃作。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:甦る江戸肉筆画――トロンコワ・コレクションを読み解く

2018年 12月 29日

江戸肉筆画甦る江戸肉筆画
トロンコワ・コレクションを読み解く
柏木隆雄・柏木加代子(編)

判型:A5判上製
頁数:320頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0383-5
装幀:齋藤久美子
好評発売中!

今甦るフランスで眠り続けた〈日本美術コレクション〉
明治日本に滞在した一人のフランス人が本国に持ち帰った膨大な日本美術品から成る〈トロンコワ・コレクション〉。歌麿、北斎、河鍋暁斎など有名画家の落款のある諸作品が、詳細な調査の下、今回初めてその全貌が明らかにされる。フランスに眠っていた日本美術コレクション113点を初公開。[図版多数収録]

パリの老舗レストラン・ヴェフールでのジャポニズム愛好家の集まりで、ゴンクール兄は「中国語と日本語の深い知識に人生を捧げようと、日本に行こうとする」青年に出会う。彼の名はエマニュエル・トロンコワ――生涯を通して収集した秘蔵の日本美術コレクションを、所蔵各美術館の学芸員や第一線の美術史家が縦横に解き明かす。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:午前四時のブルー/Ⅱ 夜、その明るさ

2018年 12月 28日

書影午前四時のブルー
Ⅱ 夜、その明るさ
小林康夫(責任編集)

判型:A5判並製
頁数:120頁
定価:1500円+税
ISBN:978-4-8010-0243-2 C0370
装幀:Gaspard Lenski
2019年1月中旬頃発売!


水声社の新たな雑誌「午前四時のブルー」第Ⅱ巻刊行!
本号では、「夜、その明るさ」をテーマに導かれた対談、テクストを収録。巻頭はステンドグラス作家・平山隆雄氏による作品《大天使ミカエル》、および写真家・宮本隆司氏によるスカイツリーの連作を掲載。哲学の未来を予感させる國分功一郎氏と小林康夫氏の対談も掲載!
* 本誌は、文学、芸術、哲学のフィールドで活躍する執筆者たちに、各特集のテーマに沿って自由に書かれたテクストを寄稿していただく新しい試みです。



本書をお求めの方は、小社に直接ご注文いただけます
ご希望の方は、①氏名 ②発送先 ③電話番号 ④冊数をご記入のうえ、以下のメールアドレスにご連絡ください。なお、発送は代金引換郵便となります(代引手数料は小社負担)。
メールアドレス画像
▶お支払いただく代金は、1冊につき書籍代1,500円+荷造り送料300円を加えた、計1,800円となります。なお、2冊以上お買い上げの場合は、荷造り送料無料とさせていただきます。
▶電話・FAXでのご注文も承ります。Tel 03-3818-6040 / Fax 03-3818-2437
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:コンテンポラリー・ゴシック

2018年 12月 28日

コンテンポラリー・ゴシックコンテンポラリー・ゴシック
キャサリン・スプーナー(著)
風間賢二(訳)

判型:四六判上製
頁数:288頁
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0381-1 C0098
装幀:宗利淳一
好評発売中!


手を替え品を替え、世界に遍在し続けてきた不死の様式。その魅力を余すところなく考察した絶好の入門書だ。ほら、あなたの隣にゴシックが。(豊崎由美)
1980年代から1990年代にかけてのいままでのゴシック・カルチャーと2000年代からのゴス・サブカルチャーとの研究成果をハイブリッドし、ゴシックに対する今後の視点と理論を示唆する。現代の消費社会においてゴシックは、ファッション、ミュージック、コミックなどさまざまな商品に表象され、いまや消費者が選択するライフスタイルの本質となった。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:アナイス・ニンのパリ、ニューヨーク――旅した、恋した、書いた

2018年 12月 25日

ニンのパリ、ニューヨークアナイス・ニンのパリ、ニューヨーク
旅した、恋した、書いた
矢口裕子(著)

判型:A5判上製
頁数:104頁(全頁カラー)
定価:2200円+税
ISBN:978-4-8010-0382-8 C0098
装幀:滝澤和子
好評発売中!


――ここパリでは、道に迷うこともとびきりの冒険だ。
街は歌い、石は語る。(ヘンリー・ミラー)

パリ近郊で生まれ図書館の本を読みあさった少女時代から、パリでの作家修業時代、そしてアメリカに戻り、日記文学で世界的に知られる作家となったアナイス・ニン。その足跡を、多数の写真と「日記」を交えながら辿り、綴るエッセイ集。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:ジゼル・プラシノス――ファム=アンファンの逆説《シュルレアリスムの25時》第2期

2018年 12月 20日

ジゼル・プラシノスジゼル・プラシノス
ファム=アンファンの逆説
《シュルレアリスムの25時》
鈴木雅雄(著)

判型:四六判上製
頁数:312頁+別丁4頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0305-7 C0398
装幀:宗利淳一
12月21日発売!


少女は大人を追い抜いて、文学と絵画を去勢する。
14歳にして完璧な自動記述を披露した天才少女、ジゼル・プラシノス。鮮烈なデビューをよそに黙りこんだかのようにみえた彼女は、次第に奇妙な小説を、そして壁掛けの制作を通じて特異なイメージを産出した。子ども/大人の狭間で、また兄マリオとの複雑な関係のなかで、遅れてやってきたシュルレアリスムと出会いなおす、逆説的な生を追う!

《シュルレアリスムと出会ったものにとって、その出会いが幸運であったか不運であったかをいうのはいつでも難しいが、とりわけプラシノスの場合、その災厄と救済は一つに結びつき、この運動の意外な可能性を照らし出すだろう。彼女の物語はシュルレアリスムを、過ぎ去った時代の記憶から切迫した現在へと引き戻してくれるような、秘められた水路を再発見するための地図なのである。》(「序章」より)
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:サドと二十世紀

2018年 12月 20日

サドと20世紀サドと二十世紀
エリック・マルティ(著)
森井良(訳)

判型:A5判上製
頁数:488頁
定価:8000円+税
ISBN:978-4-8010-0365-1 C0098
装幀:滝澤和子
12月下旬発売!


「サド」という現実、「サド」という戦場
悪としてのサディズムのみに着目していた19世紀を経て、
20世紀、思想家たちはどのようにサドを捉えたか?
ロラン・バルトの弟子であり、アンドレ・ジッド研究の泰斗による、サドをめぐる20世紀現代思想史。

アドルノから
クロソフスキー
バタイユ
ブランショ
フーコー
ラカン
ドゥルーズ
ソレルス
レヴィナス
バルトまで

サドが行った選択は、19世紀人にとってよりも、我々にとってずっと重要である。--ミシェル・フーコー


Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:静かな小舟〈最後の王国6〉《パスカル・キニャール・コレクション》

2018年 12月 20日

静かな小舟静かな小舟〈最後の王国6〉
《パスカル・キニャール・コレクション》
小川美登里(訳)

判型:四六判上製
頁数:264頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0227-2 C0397
装幀:滝澤和子
12月下旬頃発売!


漂流する、孤独な魂
かつてセーヌ河を往復する運搬船(コルベイユ)があった。実母から乳母へと赤子を運ぶその船は、現在の霊柩車(コルベイヤール)の語源となった――人生の出発点である「誕生」と終着点である「死」を足がかりに、変容しつづける「個」の可能性を描く、新たな小説論。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:ロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論――言語・美術・音楽をつらぬく四次元思想

2018年 12月 14日

ロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論ロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論
言語・美術・音楽をつらぬく四次元思想
高橋健一郎(著)

判型:A5判上製
頁数:224頁
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0374-3 C0073
装幀:宗利淳一
12月25日発売!


手法分析的研究の限界を打ち破る〈四次元的〉音楽論
〈旧世界の偶像〉破壊の後に、新たなる有機的万物照応の世界を指向するロシア・アヴァンギャルド特有の〈宇宙論的〉哲学は、音楽においても確かに息づいている。
前衛音楽家たちが著した音楽論をひもとき、哲学、絵画、詩との関わりを分野横断的に論じることで、純粋な音楽学的側面からは研究しつくされたとも言われる〈ロシア・アヴァンギャルド音楽〉の新地平を切り開く。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:ラサリーリョ・デ・トルメスの人生

2018年 12月 13日

ラサリーリョラサリーリョ・デ・トルメスの人生
著者不明
岡村一(訳)

判型:四六判上製
頁数:184頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0372-9 C0097
装幀:西山孝司
12月下旬発売!


〈ピカレスク・ロマン〉の原点にして頂点
手練手管に長けた盲人、無慈悲な吝嗇漢の司祭、自尊心の強い一文無しの郷士……さまざまな主人のもとを渡り歩きながら下層社会をしたたかに生き抜いてきた若者が、みずからの波乱に満ちた半生を物語る。著者不明にもかかわらず近世ヨーロッパで大流行した、16世紀スペインの生活の現実が息づく書簡体小説。

《ですから正直凡人で聖人君子なんかでないあたしも、やっぱり悪い気はしないでございましょう、お粗末な文章で綴ったこんなつまらない話を少しでも面白いと思う人々がいて、その人々がみんなその世界にはいり込んで楽しんでくださるとすれば。そして、これでもかとばかり襲ってきた艱難辛苦、命の危険を切り抜けて生きているひとりの男がいることを知っていただけるならば。》(本文より)
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:映画美学入門

2018年 12月 13日

映画美学映画美学入門
《水声文庫》
淺沼圭司(著)

判型:四六判上製
頁数:328頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0380-4 C0074
装幀:宗利淳一
好評発売中!


半世紀を経てなお新鮮! 甦るフィルムの時代
映画美学研究のさきがけともいえる『映画美学入門』(1963年)の待望の復刊。
いまや技術の進歩はめざましく、50年前の映画製作の状況とはかなり変化している。とはいえ、映画の理論的状況をメリエス、リュミエール兄弟、エイゼンシュテイン、アラン・レネ、ベルイマンらの作品をたどり、映画の発生から「映画芸術」の成立を改めて考察する意義があるのではないか。また、テレビの創始期を思い起こし、いまとなっては見過ごされがちなその特性を振り返る。
Read the rest of this entry »

 

12月の新刊:ポイント・オメガ《フィクションの楽しみ》

2018年 12月 12日

ポイント・オメガポイント・オメガ
《フィクションの楽しみ》
ドン・デリーロ(著)
都甲幸治(訳)

判型:四六判上製
頁数:160頁
定価:1800円+税
ISBN:978-4-8010-0010-0 C0097
装幀:宗利淳一
12月下旬発売!

我々は永遠に人類でなければならないのか?
ニューヨークの暗闇の中、超低速で映し出される映画『サイコ』。時間の狭間に落ち込んだかのような眩惑的な空間から一転、舞台は荒涼たる砂漠が広がるサンディエゴへ。戦争、記憶、意識、宇宙をめぐる対話。砂の彼方に消える声。溶けてゆく時間。朧に閃く欲望。そして、少女は消えた……。虚空を領する絶対の静寂が、アメリカの光と闇、人間精神の孤独を穿つ。
鬼才ドン・デリーロの傑作中編、読者の心を摑んで離さない画期的な翻訳でついに登場!
Read the rest of this entry »