6月の新刊:案内係《フィクションのエル・ドラード》

2019年 6月 13日

案内係 書影案内係
《フィクションのエル・ドラード》
フェリスベルト・エルナンデス(著)
浜田和範(訳)

判型:四六判上製
頁数:312頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-8010-0270-8 C0397
装幀:宗利淳一
6月下旬頃発売!

1950年にフェリスベルト・エルナンデスの物語を読んでいなかったら、私は今日のような作家にはなっていないだろう。
ガブリエル・ガルシア・マルケス

誰とも似ていない作家
思いがけず暗闇で目が光る能力を手にした語り手が、密かな愉しみに興じる表題作「案内係」をはじめ、「嘘泣き」することで驚異的な売上を叩き出す営業マンを描く「ワニ」、水を張った豪邸でひとり孤独に水と会話する夫人を幻想的な筆致で描く“忘れがたい短篇”(コルタサル)「水に沈む家」、シュペルヴィエルに絶賛された自伝的作品「クレメンテ・コリングのころ」など、ガルシア・マルケスはじめ〈ブーム〉の作家たちに多大な影響を与えたウルグアイの奇才による日本版オリジナル傑作短篇集。
Read the rest of this entry »

 

6月の新刊:音楽の憎しみ《パスカル・キニャール・コレクション》

2019年 6月 12日

音楽の憎しみ音楽の憎しみ
《パスカル・キニャール・コレクション》
パスカル・キニャール(著)
博多かおる(訳)

判型:四六判上製
頁数:214頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010- 0228-9 C0397
装幀:滝澤和子
6月下旬頃発売!

音楽という暴力、音楽という闇
誕生以前から、音楽とともに人は存在した――
否応なく魅了する反面、人を呪縛し心を引き裂く、音楽なるものと、
いかにして人は生きてきたのか。
オルガン奏者の家系に生まれた作家/音楽家ならでは視点から、ギリシャ神話、ホロコースト、文学的題材を逍遥し、人類の初源から音楽を問う、孤高の思索/詩作。
Read the rest of this entry »

 

6月の新刊:オイディプスの墓——―悲劇的ならざる悲劇のために

2019年 5月 28日

オイディプスの墓 書影オイディプスの墓
悲劇的ならざる悲劇のために
ウィリアム・マルクス(著)
森本淳生(訳)

判型:四六判上製
頁数:312頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0396-5 C0098
装幀:Gaspard Lenski
6月中旬頃発売!

ギリシア悲劇はほんとうに「悲劇的」だったのか?――
《悲劇は〈場所〉をめぐる物語である。悲劇はこんにち理解される「悲劇」の〈概念〉を意味していない。悲劇は観衆の〈身体〉に働き治癒する力をもつ。悲劇は宗教的に〈神々と英雄たち〉を舞台に受肉化させる。》
ギリシア悲劇にそなわる以上の4つのテーゼを明らかにすることで、ほぼ完全に失われてしまったギリシア悲劇をめぐる近代的誤謬から本来の悲劇を救う〈不可能な〉試み。

ギリシア悲劇は私たちといかなる接点を持つのか。接点などなにもない。私たちにとってギリシア悲劇は完全に無縁なものである。そうであるほかないだろう。しかしそれでもギリシア悲劇は、あらゆる予期に反して、私たちに感動と力を与えつづけている。(…)私たちではないものによって、私たち自身についての知識を深めること。文学としてはまったく捉えられぬものによって、文学を捉えること。これが、悲劇の力であり、その墓なのである。「序章」より

Read the rest of this entry »

 

5月の新刊:暴力と輝き《人類学の転回》

2019年 5月 22日

暴力と輝き暴力と輝き
《人類学の転回》
アルフォンソ・リンギス(著)
水野友美子+金子遊+小林耕二(訳)

判型:四六判上製
頁数:302頁
定価:3200円+税
ISBN:978-4-8010-0409-2 C0010
装幀:宗利淳一
5月下旬発売!

恐ろしさにある厳かなもの
すべてが計画と測量に基づき管理化された現代社会のなかで、国家あるいは法によって一元的に管理される〈暴力〉。国家によって扇動される戦争、金銭目的の人質、職場でのパワハラ、児童虐待やドメスティック・バイオレンス……。しかし、リンギスは〈暴力〉のうちにこそ、肉体のなかに秘められた野生の力の顕現や抑圧された自由を獲得するための積極的な契機を見いだす。抑圧された負のイメージから〈暴力〉を解き放ち、その秘められた〈輝き〉によって真の自由を獲得せよ!
Read the rest of this entry »

 

5月の新刊:ジャック・ドゥミ——夢のルーツを探して

2019年 4月 27日

ドゥミ 書影ジャック・ドゥミ
夢のルーツを探して
ジャン=ピエール・ベルトメ(著)
瀧本雅志(訳)

判型:B5変型判並製
頁数:448頁
定価:4200円+税
ISBN:978-4-8010-0425-2 C0074
装幀:宗利淳一
5月下旬頃発売!


魅惑の映画監督の全貌――
『シェルブールの雨傘』の世界的ヒットから『ロシュフォールの恋人たち』、『ロバと王女』をはじめ世界中のファンを魅了しつづけるジャック・ドゥミ(1931-1990)。すべての監督作品をその舞台裏も含め網羅的に紹介し、作品のなかに見え隠れする主題を論じる「ジャック・ドゥミに捧げられた」モノグラフ。詳細なフィルモグラフィーを付す。
Read the rest of this entry »

 

5月の新刊:詩作論《イタリアルネサンス文学・哲学コレクション》

2019年 4月 27日

詩作論詩作論
《イタリアルネサンス文学・哲学コレクション②》
トルクァート・タッソ(著)
村瀬有司(訳)

判型:A5判上製
頁数:160頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0402-3 C0397
装幀:西山孝司
5月上旬発売!


詩作のための題材/ジャンル/文体の選び方
最高の英雄詩を書くためにふさわしい題材、ジャンル、文体とは何か? アリストテレスが示した詩作の原則を念頭において、ホメロスやウェルギリウスの古典作品から、当時大流行していた奔放な作風の騎士物語までを取り上げて検討し、最良の技法を探求する。
叙事詩『エルサレム解放』をはじめとする詩作と並行して、創作技法の探求にも生涯取り組みつづけた詩人が、詩作の論理を明快に解きあかしてみせた創作論。

《多数のばらばらな筋のなかに偶発的に多彩さを生み出すのは、何の努力も要らない、ごく簡単なことです。しかし同じだけの多彩さを一つの筋のなかに作り出すのは、「これは骨折り、これは大仕事」なのです。〔……〕前者の多彩は混沌として明晰さを欠いている分、楽しみを与えることが少ないでしょう。後者の多彩は各部分のつながりと秩序によって〔……〕より多くの斬新さと驚きをもたらすでしょう。したがって詩の筋立てと形態は一つでなければなりません。》(本文より)
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:小さな夜をこえて――対話集成

2019年 4月 24日

小さな夜をこえて小さな夜をこえて
対話集成
今福龍太(著)

判型:A5判並製
頁数:426頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0390-3 C0010
装幀:西山孝司
好評発売中!

群島としてのダイアローグ
1970年代以降の〈知の連鎖と交響〉が与えた刺戟を糧に自己形成を遂げた者の経験と思考をめぐり、その時代の息吹きをいまへと伝える対話的アーカイヴ。
多木浩二、山口昌男、高橋悠治、吉増剛造、大塚信一といった先行世代との対話、沢木耕太郎、西谷修、伊藤俊治、沼野充義、巽孝之、港千尋、島田雅彦、上野俊哉といったほぼ同世代との対話、さらに近年の中村隆之、松田法子といった若手研究者との対話を、それが成立する文脈や背景を描いた今福龍太自身による改題とともに、1992年以後の時系列順に収録。
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:中村真一郎手帖⑭

2019年 4月 18日

中村真一郎手帖14中村真一郎手帖⑭
中村真一郎の会(編)

判型:A5判並製
頁数:103頁
定価:1000円+税
ISBN:978-4-8010-0388-0 C0091
装幀:齋藤久美子
4月中旬発売!

戦後文学の旗手・中村真一郎の業績を顕彰する研究・活動を続けている〈中村真一郎の会〉の機関誌第14号。2018年にともに生誕100年を迎えた中村真一郎と福永武彦の文学を、文体や詩的感性、『モスラ』での協働などの観点から比較考察する諸論考をはじめ、中村真一郎の文学的偉業を多角的に考察する論考やエッセイを収録。
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:炎へのはしご

2019年 4月 15日

炎へのはしご炎へのはしご
アナイス・ニン(著)
三宅あつ子(訳)

判型:四六判上製 
頁数:234頁 
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0411-5 C0097
装幀:齋藤久美子
4月25日発売!

〈このなすがままの態度に誘発された情熱の波が彼女を陶酔させた。〉
家庭を捨て自責の念にかられるリリアン、その前に現われる生き生きとしたジューナ、そして破滅的なサビーナ、ヘレン。画家ジェイを間にお互い響き合い、共感の愛を見出だし自己を探究していく女性たち。アナイス・ニンがヘンリー・ミラー、その妻らをモデルにモダニズムのパリを舞台に描く愛の遍歴。
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:複数の「感覚・言語・文化」のインターフェイス

2019年 4月 15日

広島市立大学国際学部叢書9_書影複数の「感覚・言語・文化」のインターフェイス
境界面での変化と創造に関する新しい見方
《広島市立大学国際学部叢書9》
広島市立大学国際学部(編)

判型:A5判上製
頁数:215頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0424-5 C3030
装幀:滝澤和子
発売中!


言語学を柱としつつ、言語・コミュニケーション・文化・社会などにおける近・現代的諸問題――言語に関わる教育、社会問題と関わる文学、境界領域に対する言語政策、異文化間コミュニケーションなど――をさまざまな隣接分野と繋がるインターフェイスとして捉え直し、日本語教育や英語教育などの現場における実践的貢献の可能性も視野に入れた幅広い議論を展開する。
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:犬を愛した男《フィクションのエル・ドラード》

2019年 4月 12日

犬を愛した 書影犬を愛した男
《フィクションのエル・ドラード》
レオナルド・パドゥーラ(著)
寺尾隆吉(訳)

判型:四六判上製
頁数:680頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0269-2 C0397
装幀:宗利淳一
4月下旬頃発売!


フィクションから真実に迫るため、パドゥーラは限界に挑む。『犬を愛した男』は歴史とその語り方をめぐる比類なき探求だ。アストゥリアス王女賞受賞に際しての評

『犬を愛した男』は歴史の真実と記憶の回復に貢献した。
エステバン・ヴォルコフ(トロツキーの孫)


キューバ文学の到達点
1977年のハバナ、獣医学雑誌の校正の仕事に身をやつしている物書きのイバンは、2頭のボルゾイ犬を連れて浜辺を散歩する不思議な男、〈犬を愛した男〉と出会う。犬の話題で親密になっていく2人だが、やがて男は彼のみぞ知る〈トロツキー暗殺の真相〉を打ち明けはじめる……
世界革命を夢見るレフ・ダヴィドヴィチ(トロツキー)の亡命、暗殺者ジャック・モルナルに成り代わるスペイン人民戦線の闘士ラモン・メルカデール、そして舞台はメキシコへと至る。イデオロギーの欺瞞とユートピア革命が打ち砕かれる歴史=物語を力強い筆致で描く、現代キューバ文学の金字塔。
Read the rest of this entry »

 

3月の新刊:奈落の上の夢舞台――後期シェイクスピア演劇の展開

2019年 4月 11日

奈落の上の夢舞台奈落の上の夢舞台
後期シェイクスピア演劇の展開
髙田茂樹(著)

判型:A5判上製 
頁数:292頁 
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0410-8 C0074
装幀:滝澤和子
3月25日発売!

人生――儚くも輝ける夢
『ハムレット』、『オセロー』、『冬物語』などの後期作品を取り上げ、舞台の上で自らを裏切りつづける表現を通して現れ、かつ他では現れることのないリアリティを捉えようとする作家の彷徨の軌跡を辿り、シェイクスピア演劇の核心に迫る。
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:視覚文化とデザイン——メディア、リソース、アーカイヴズ

2019年 4月 1日

視覚文化とデザイン視覚文化とデザイン
メディア、リソース、アーカイヴズ
井口壽乃(編)
伊原久裕/菅靖子/山本政幸/児玉幸子/暮沢剛巳(執筆)

判型:四六判上製
頁数:328頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0423-8 C0070
装幀:Gaspard Lenski
4月下旬頃発売!

拡張するモダンデザインの射程
モダンデザインはいかにして創造・越境・集積されたのか? モダニズム期から現在まで、視覚文化を構成するタイポグラフィ、ピクトグラム、アイソタイプ、写真、ポスター、ホログラフィなどの豊富な例を取りあげながら、デザイン思想の趨勢を浮き彫りにする最新の研究成果。

国境を越えるデザイナーの摩擦や抵抗に肉薄する第Ⅰ部〈グラフィック理論の形成と越境〉、循環と伝播にともなうデザイン理論の変容を観察する第Ⅱ部〈イメージの継承と還流〉,新たなテクノロジーの創造による視覚体験の刷新に迫る第Ⅲ部〈三次元イメージとグラフィズム〉、デザイン資源の蓄積と活用を分析する第Ⅳ部〈コレクションと展示〉を通して、多様な展開を見せるデザインの領域に光をあてる。
Read the rest of this entry »

 

3月の新刊:チカーノとは何か――境界線の詩学

2019年 3月 29日

チカーノチカーノとは何か
境界線の詩学
井村俊義(著)

判型:四六判上製
頁数:233頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-8010-0422-1 C0030
装幀:宗利淳一
好評発売中!

メキシコとアメリカの狭間で――
メキシコ系アメリカ人としてさまざまな狭間を揺れ動きながらも生き抜く〈チカーノ〉。
彼らの思考と行動を丁寧に追いながら、私たちの来るべき社会を透視する!
Read the rest of this entry »

 

3月の新刊:メランコリーのゆくえ――フロイトの欲動論からクラインの対象関係論へ

2019年 3月 29日

メランコリーメランコリーのゆくえ
フロイトの欲動論からクラインの対象関係論へ
藤井あゆみ(著)

判型:A5判上製
頁数:251頁
定価:4500円+税
ISBN:978-4-8010-0419-1 C0011
装幀:西山孝司
3月25日頃発売!

禁忌から赦しへ
フロイトに欲動論の更新を迫り、クラインの対象関係論に寄与したメランコリー研究。その理論的変遷を、アーブラハムとラドーを介すことで初めて克明に描出し、メランコリーを昇華へと導く理路を拓く。
Read the rest of this entry »

 

4月の新刊:本当の小説 回想録

2019年 3月 27日

本当の小説_書影本当の小説 回想録
フィリップ・ソレルス(著)
三ツ堀広一郎(訳)

判型:四六判上製
頁数:344頁
定価:3000円+税
ISBN:978-4-8010-0408-5 C0098
装幀:宗利淳一
4月1日発売!


言葉によって開かれる真実と自由
ポンジュ,モーリヤック,アラゴン,バタイユ,ラカン,バルト――現代フランス文壇の鬼才,フィリップ・ソレルスが綴る回想録。女たちとの放蕩,前衛文学生活,「テル・ケル」の創刊,68年5月,毛沢東主義者から法王主義者へ……文学と政治の季節がいま甦る。

ぼくは何より、ぼくの机に、数々の机に、ノートに、赤いランプに、夜に、言葉が書きつけられていくあいだじゅう震えている大いなる静寂に、再会してみたい。(本文より)

Read the rest of this entry »

 

3月の新刊:〈他者〉としてのカニバリズム

2019年 3月 26日

カニバリズム〈他者〉としてのカニバリズム
橋本一径(編)

判型:四六判上製
頁数:219頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0418-4 C0039
装幀:宗利淳一
3月22日頃発売!

忘却と回帰
近代西洋が発見し、また目を背けようとしてきたカニバリズムは、一方で並々ならぬ耳目を集めてきた。しかし、問題は人肉を口にするかどうかなのだろうか。文明批判、自我の変容、倫理と禁忌、そしてテクノロジーの観点からいま一度問い直す。
Read the rest of this entry »

 

2月の新刊:明治初期洋画家の留学とフランスのジャポニスム

2019年 3月 22日

大手前14明治初期洋画家の留学とフランスのジャポニスム
大手前大学比較文化研究叢書14
小林宣之(編)

判型:A5判上製
頁数:234頁+別丁図版8頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-8010-0393-4 C0370
装幀:宗利淳一
好評発売中!

日仏美術の交流
山本芳翠、五姓田義松ら明治初期洋画家の渡仏、およびフランスでのジャポニスムの流行をテーマに、日仏文化交流の歴史を探る。
Read the rest of this entry »

 

3月の新刊:有限存在と永遠存在

2019年 3月 19日

有限存在と永遠存在有限存在と永遠存在
存在の意味への登攀の試み
エーディト・シュタイン(著)
道躰章弘(訳)

判型:A5判上製
頁数:602頁
定価:8000円+税
ISBN:978-4-8010-0420-7 C0010
装幀:西山孝司
3月下旬発売!

全存在の知解性の根源へ――
有限の諸原因をめぐる数多の知識を足場にして、永遠無限の存在としての〈神〉という山頂を目指す、フッサールの高弟にしてカルメル会修道女、エーディト・シュタインの哲学の到達点。
Read the rest of this entry »

 

3月の新刊:文学との訣別――近代文学はいかにして死んだのか

2019年 3月 13日

文学との訣別 書影文学との訣別
近代文学はいかにして死んだのか
ウィリアム・マルクス(著)
塚本昌則(訳)

判型:四六判上製
頁数:344頁
定価:4000円+税
ISBN:978-4-8010-0395-8 C0098
装幀:Gaspard Lenski
3月25日頃発売!


文学は死んだのか?――
18世紀、「崇高の美学」にあと押しされて文学は栄光まで昇りつめた。しかし19世紀末、文学に「別れ」を告げた3人の作家――ランボー、ヴァレリー、ホフマンスタール――が現れ、20世紀にはついに自閉状態にまで落ち込み、文学はその影響力を失っていくことになる。
この3世紀のあいだに文学に一体なにが起こったのだろうか? 文学と世界との関係が切り替わる転回点をたどり、大胆に文学史を読み換える新たなマニフェスト!

 文学という概念が18世紀以降、ヨーロッパで被った異様な変化、宗教に置き換わるような勢いを見せながら、事実に基づかない、ほとんど信頼のおけない書き物の位置にまで失墜するという、振れ幅の広い変化が見えてくる。(……)それまでの調和ある美の理想から、個人の感性に直接働きかけ、激烈な反応を引き起こす崇高の美学を追い求めることで文学の領域はどんどん拡張されていったが、それを生みだした社会そのものから離反して自律した世界を創りあげようとし、やがて自閉状態におちいって生命力の源泉を失っていったというのである。――「訳者あとがき」より

Read the rest of this entry »