【既刊紹介】クラフトワーク——〈マン・マシーン〉とミュージック

2020年 6月 10日

追悼 フローリアン・シュナイダー
テクノ・ポップの元祖というだけでなく,ニューウェイヴ,ヒップ・ホップ,ハウスミュージックなど,その後の新しい音楽の動向にも多大な影響を与えたドイツのロボット・ポップ・ユニット,クラフトワーク。その創始者の一人,フローリアン・シュナイダーの訃報が5月6日に届いた。活動開始から半世紀を経てなおも色褪せることのないその音楽の軌跡を,いまふたたび詳細な評伝でたどる。



クラフトワーク書影クラフトワーク
〈マン・マシーン〉とミュージック
パスカル・ビュッシー(著)
明石政紀(訳)
判型:四六判上製
頁数:280頁+別丁図版8頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-89176-297-7 C0073
装幀:能登伸治
1994年2月刊行

▶︎直接のご注文はこちらへ◀︎
Read the rest of this entry »