オンライン講演会「文学帝国メキシコへの招待」開催のお知らせ

2021年 2月 22日

オンライン講演会
文学帝国メキシコへの招待—–現代小説の名作を味わう


 来る2021年3月5日(金)に、在日メキシコ大使館主催のオンライン講演会『文学帝国メキシコへの招待—–現代小説の名作を味わう』が開催されます。
 小社で好評刊行中のラテンアメリカ文学シリーズ《フィクションのエル・ドラード》の訳者の方々が登壇し、現代メキシコ文学の状況を解説していただくという、本シリーズの読者にとっては必見の、そしてこれからラテンアメリカ文学を読んでみたいという読者にとっては入門となるイベントとなりそうです。
 本シリーズの編者であり、最新刊『帝国の動向』(F・デル・パソ)を刊行したばかりの寺尾隆吉先生をはじめ、昨年末に同シリーズから『レオノーラ』(E・ポニアトウスカ)を翻訳した富田広樹先生、そしてメキシコ現代文学の旗手フアン・ビジョーロの翻訳が待たれる山辺弦先生、フアン・ルルフォの研究者の仁平ふくみ先生がご登壇されます。またとない豪華登壇者らによる本イベントにぜひご参加ください(イベント参加費は無料、zoomでの講演会となります。また、予約は先着順となりますので以下の詳細よりはやめの予約を心がけください)。

《フアン・ルルフォ、カルロス・フエンテス、フェルナンド・デル・パソ、エレナ・ポニアトウスカなど、数々の名作家を⽣み出してきたメキシコ。ラテンアメリカ⽂学とその世界的ブームの枠組みだけに収まらないメキシコ⽂学の多様な魅⼒を紹介します。本オンライン講演会では、メキシコ⽂学の研究者、翻訳家たちの⼿引きのもと1920年代から今⽇までのメキシコ⼩説の代表作を時代順に追っていくことで、⽂学帝国メキシコの「⽂学近現代史」を概観していきます。》(概要より)

詳細は以下のチラシをご確認ください。

本イベントは、Zoomを使用したオンラインシンポジウムです。以下のリンクからの事前登録が必要です。https://forms.gle/9ZXeMurA3AjDHq9h9

【開催日時】
18時30分−20時(使⽤⾔語:⽇本語)
参加無料/要予約(申し込み先着順)

【講演者】
寺尾隆吉氏 (早稲田大学社会科学総合学術院教授)
富田広樹氏 (北九州市立大学文学部准教授)
仁平ふくみ氏 (京都産業大学外国語学部准教授)
山辺弦氏 (東京経済大学全学共通教育センター准教授)

【主催】
在日メキシコ大使館

 

《コメット・ブッククラブ》無料期間延長&メールマガジン特別公開のお知らせ

2020年 12月 11日

当初2021年1月より会費有料化を予定していた《コメット・ブッククラブ》ですが、ご好評につき、会費無料期間を2021年6月まで延長いたします。
ご入会についてはこちらです。
メールマガジンの他、「書籍の特価での購入」や「イベントへのご優待」など、さまざまな特典があります。ぜひ、ご入会ください。

また、《コメット・ブッククラブ》の月刊メールマガジン『コメット通信』は、先月末に第4号が刊行されましたが、今回、会費無料期間延長を記念し、『コメット通信』第1号〜4号を特別に一般公開いたします。
最新刊の第4号は、海外作家の豪華執筆陣による特集「新型コロナウィルス・パンデミック下の文学ーー海外から」を掲載しています。執筆者は、ジェラール・マセ、エリック・ファーユ、イト・ナガ、アナイート・グリゴリャン、オラシオ・カステジャーノス・モヤ。他にも盛りだくさんの内容です。
ぜひ、この機会にご覧ください。
Read the rest of this entry »

 

日本ヘンリー・ミラー協会全国大会のお知らせ(オンライン)

2020年 11月 30日

来る2020年12月5日(土)に、ヘンリー・ミラー協会全国大会がオンラインにて開催されます。どなたでもご参加いただけます。
大会プログラムは以下の通りです。

14:00 Zoom受付開始
14:05 会長挨拶
14:15〜15:15 発表「2人のモダニスト女性作家:アナイス・ニンとH.D.」三宅あつ子先生(京都大学)
15:30〜16:30 発表「Recovering Henry Miller’s Notes on the Death of Mishima」Wayne E. Arnold先生(北九州市立大学)
16:35〜17:35 総会

参加をご希望の方は、ヘンリー・ミラー協会事務局(torunaka@tamacc.chuo-u.ac.jp)宛に、件名を「ヘンリー・ミラー協会大会参加希望」としてメールをお送り下さい。

小社では、アナイス・ニン『炎のはしご』や、『ヘンリー・ミラーを読む』(本田康典・松田憲次郎編)などの著訳書のある、三宅あつ子先生が発表されます。
ぜひご参加ください。

 

荒川徹『ドナルド・ジャッド――風景とミニマリズム』、第30回吉田秀和賞を受賞

2020年 11月 11日

小社より2019年7月に刊行された荒川徹『ドナルド・ジャッド――風景とミニマリズム』が、第30回「吉田秀和」賞を受賞いたしました。選評者の一人である磯崎新氏による選評を一部抜粋します。

「ミニマリズムに関する著作が多数あるなか、本書はミニマリズムに徹し、論点が展開していく上での標的(アーティスト、年代、場所)が具体的に絞られている点が非常に良いと思いました。かつミニマリズムを都市、建築、工業製品、人工的なランドスケープなど「美術外」の思考と接続させて論じており、展開のヴァリエーションが豊かで、文脈が開かれています」

また、第30回となる今回の受賞では、小社より刊行の『ジョン・ケージ伝』の訳者の一人でもある柿沼敏江さんによる『〈無調〉の誕生――ドミナントなき時代の音楽のゆくえ』(音楽之友社)とのダブル受賞となりました。
「表象文化論奨励賞」につづく受賞をされた荒川徹さん、そして柿沼敏江さん、おめでとうございます! また、選考委員の皆様をはじめ、このたびの選考に関わられた皆様に感謝申し上げます。

 

ブッククラブ入会受付中!

2020年 7月 18日

水声社のブッククラブ、《コメット・ブッククラブ》が8月20日からはじまります。
現在、入会を受け付けております。さまざまな特典もあります。
詳細は、こちらのページをごらん下さい。



メール等による直接のご注文を承ります。
詳細は、こちらのページをごらん下さい。

 

【第三回公開】座談会*文学としての人文知

2020年 5月 12日

2019年夏〜2021年冬にかけ、東京大学文学部と早稲田大学文学部で開催される研究座談会『文学としての人文知』は、再編されつつある人文科学との対話のなかで、〈文学〉が〈人文知〉と取り結ぶ新たな関係を描き出そうという試みです。発表内容は小社から単行本として刊行する予定ですが、本ページでは、刊行に先駆けて座談会の内容を公開していきます。

第1回 【座談会】文化人類学と文学 〈イメージの人類学〉をめぐって
① 「不可量部分」と「イメージ」② 多元性・複数性③ 幻覚体験をめぐって④ 「フレーム」をめぐる体験

第2回 【座談会】フィクションと文学 フィクション論の現在
① 小説論ではないフィクション論② フィクションと事実の区別③ フィクションと現実の境界をずらす④ フィクションと夢

第3回 【座談会】無意識と文学 ラカンとメルロ=ポンティ
① ラカンvsメルロ=ポンティ?② 哲学者と画家③ 想像的なものの現実性④ 無意識の表象システム⑤ 現実とフィクションとの境界⑥ 哲学と文学、精神分析と文学⑦ 垂直的な過去⑧ まなざしと声
Read the rest of this entry »

 

【書評】レオナルド・パドゥーラ『犬を愛した男』

2019年 6月 25日

朝日新聞6/22(土)朝刊に、西崎文子さんによる、レオナルド・パドゥーラ『犬を愛した男』(寺尾隆吉訳)の書評が掲載されました。以下で記事を読むことができます。
https://book.asahi.com/article/12476213

 

NHK・Eテレ『日曜美術館』で画家・久保克彦が取り上げられます

2018年 8月 22日

今週日曜日(8/26)朝9:00よりNHK・Eテレで放映される番組『日曜美術館』にて、第二次世界大戦で26歳の若さで戦死した画家、久保克彦が取り上げられます。

日曜美術館「遺された青春の大作~戦没画学生・久保克彦の挑戦」

弊社では、久保克彦の畢生の作品《図案対象》をめぐる論考『《図案対象》を読む――夭折のアヴァンギャルド画家、久保克彦とその時代』を刊行しており、『日曜美術館』には著者の黒田和子氏も出演されます。戦時下とは思えない異様なこの大作の思想、背景、構成についてより詳しく知られたい方は、ぜひ本書をご覧ください。

 

2018年度版目録

2018年 8月 17日

小社刊行物の最新の目録、2018年度版が出来ました。
以下からPDFをダウンロードのうえご覧下さい。

2018年度 目録

郵送をご希望の方は、下記、小社営業部まで、メール、電話、FAX、手紙でお申しつけ下さい。代金、送料は必要ありません。
また、全国の書店からも無料でお取り寄せ頂けます。

〒112-0002 文京区小石川2-7-5
水声社営業部・目録係 宛
TEL: 03-3818-6040
FAX: 03-3818-2437

メールアドレス画像



 

渋沢・クローデル賞受賞報告

2018年 6月 25日

小社より2018年3月に刊行された、鳥山定嗣『ヴァレリーの『旧詩帖』――初期詩篇の改変から詩的自伝へ』が、渋沢・クローデル賞奨励賞を受賞いたしました。著者の鳥山定嗣さん、おめでとうございます!
また、選考委員の皆様をはじめ、このたびの選考に関わられた皆様に感謝申し上げます。
Read the rest of this entry »

 

水声社公式ツイッターアカウント オープン!

2018年 2月 8日

ツイッターをはじめました。
新刊情報、イベント情報などを発信していきます。
よろしくお願いいたします。
Read the rest of this entry »

 

セルヒオ・ラミレスにセルバンテス賞

2017年 11月 21日

スペイン語圏で最も栄えある文学賞「セルバンテス賞」の2017年度の受賞者が、ニカラグアの作家セルヒオ・ラミレスに決まりました。小社はラミレスの代表作『ただ影だけ』を2013年に刊行しております。この機会に、ぜひお読みください!




e3819fe381a0e5bdb1e381a0e38191efbc9de382abe38390e383bc

ただ影だけ

《フィクションのエル・ドラード》
セルヒオ・ラミレス(著)
寺尾隆吉(訳)

判型:四六判上製
頁数:328頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-89176-950-5 C0397
装幀:宗利淳一
好評発売中!

アイロニーと距離感、内面性とユーモア。
セルヒオ・ラミレスは銅のような三面記事から
言葉と想像力で黄金を生み出す錬金術師だ。——カルロス・フエンテス

1979年、ソモサ独裁政権の崩壊を目前に控えたニカラグア、ソモサの私設秘書官として権力の影で活動していたアリリオ・マルティニカは海からの逃亡を企てるも革命軍に捕らえられ、独裁政権の悪行に加担した嫌疑で民衆裁判にかけられる……
証言、尋問、調書、供述、手紙。事実のなかに想像を巧みに織り交ぜ、鮮烈な描写と圧倒的な語りの技法のもとに、歴史的事件の裏側をフィクションの力で再構築する現代ラテンアメリカ文学の新たな傑作。
Read the rest of this entry »

 

カズオ・イシグロ氏にノーベル文学賞

2017年 10月 6日

カズオ・イシグロ氏にノーベル文学賞
スウェーデン・アカデミーは本日6日、2017年のノーベル文学賞を日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏に授与することを発表しました。氏の小説が「私たちが世界とつながっているという幻想に隠されている闇を明らかにした」ことを受賞理由に挙げています。
小社では日本でも数少ないカズオ・イシグロ論を扱った書籍を刊行しております。

『カズオ・イシグロ――境界のない世界』(平井杏子著)2500円
『水声通信26 特集=カズオ・イシグロ』2000円


カズオ・イシグロ——境界のない世界
著者=平井杏子
4/6判上製/272頁/定価=2500円+税
979-4-89176-821-8 C0098 好評発売中!

デビュー作『遠い山なみの光』から
短編集『夜想曲集』までの作品群をとりあげ、
グローバルな作家の全貌にせまる本邦初の本格的なカズオ・イシグロ論。


水声通信26 特集=カズオ・イシグロ
4/6判上製/240頁/定価=2000円+税
978-4-89176-662-7 C0090 好評発売中!

声のなかへ、降りていくと/小池昌代
カズオ・イシグロの長電話/阿部公彦
遡行するイシグロ/平井杏子
廃物を見つめるカズオ・イシグロ/中川僚子
特に最初の二楽章が……/遠藤不比人
カズオ・イシグロの小説における「顔のない」語り手たち/新井潤美
カズオ・イシグロの声をめぐって/藤田由季美
カズオ・イシグロにおける戦争責任/木下卓
映像にイシグロはなにを見るか/岩田託子

 

日本ロシア文学会プレシンポジウム『二葉亭四迷再考 —— 人物、文体、可能性』開催のお知らせ

2017年 9月 28日

来る2017年10月13日(金)に、上智大学にて日本ロシア文学会プレシンポジウム『二葉亭四迷再考 —— 人物、文体、可能性』が開催されます。

日時:2017年10月13日(金)17:30〜18:00
場所:上智大学中央図書館・総合研究棟(L号館)9階 L-921
予約不要、入場無料です。詳細はフライヤー(PDF。 )をご覧ください。

関連書籍の展示販売もあり、弊社からは、籾内裕子『日本近代文学と『猟人日記』』を出展いたします。
ぜひお立ち寄りください。



 

鈴木宏『風から水へ』(論創社)、東京新聞で紹介

2017年 8月 29日

2017年8月4日(金)、東京新聞夕刊のコラム「大波小波」にて、小社社主鈴木宏の著書『風から水へ』(論創社)が紹介されています。『月刊 HANADA』の9月号でも紹介されています。
本の詳細については、論創社へお問い合わせください。

論創社
公式サイト:http://ronso.co.jp/
電話:03-3264-5254

 

『静かに狂う眼差し――現代美術覚書』刊行記念イベントのお知らせ

2017年 7月 21日


林道郎×伊藤亜紗
静かに狂う眼差し――現代美術覚書  

〜現代アートをさらによく見るために〜

今年7月に小社より刊行した『静かに狂う眼差し――現代美術覚書』の刊行記念トークイベントを行います。
本書の著者である林道郎先生と、障害を通して「見ること」について研究している伊藤亜紗先生をお招きして対談していただきます。
すでに展覧会に行かれた方には展示の裏側を垣間見ることができ、これから行く予定の方にとっては展覧会の予習となります。とくに美大生や、学芸員を目指す学生にも刺激となる本イベントにぜひ足をお運びください!

参加を希望される方は、神楽坂モノガタリのウェブサイトをご覧ください。

場所:神楽坂モノガタリ 東京都新宿区神楽坂6-43 K’s Place 2F
日時:2017年8月10日(木)
開場:19:00~21:00 (18:30開場)
参加費:2,000円+1 drink 500円
Read the rest of this entry »

 

受賞報告

2017年 6月 21日

小社より2016年9月に刊行された佐々木悠介著『カルティエ=ブレッソン 二十世紀写真の言説空間』が、比較文学・比較文化に関する最優秀の研究書に贈呈される第22回日本比較文学会賞を受賞いたしました。著者の佐々木悠介先生、おめでとうございます!
また、選考委員の皆様をはじめ、このたびの選考に関わられた皆様に感謝申し上げます。


書影カルティエ=ブレッソン
カルティエ=ブレッソン

二十世紀写真の言説空間
佐々木悠介(著)

判型:A5判上製
頁数:400頁+別丁24頁
定価:6000円+税
ISBN:978-4-8010-0197-8 C0072
装幀:宗利淳一
好評発売中!


20世紀最大の写真家の全貌

写真というメディアの美的価値を左右する言説において、つねにその中心にいた写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン。20世紀を代表する写真家はいかなる言説によって受容されていたのか? 写真をとりまく言説分析とイメージ分析のクロスジャンル的なアプローチによって新たなカルティエ=ブレッソン像を提示し、20世紀写真史を書き換える野心的な試み。
Read the rest of this entry »

 

利根川由奈『ルネ・マグリット 国家を背負わされた画家』刊行記念トークイベント開催のお知らせ

2017年 6月 1日

鈴木雅雄×南雄介×利根川由奈
「マグリットは国家を背負った、のか?」

2015年に日本でも本格的な回顧展が開かれ、ますます人気が高まっているマグリット。しかし、多岐にわたって影響を及ぼした、シュルレアリスムの巨匠の全体像は想像以上に複雑です。この度、20世紀を代表する画家に母国ベルギーとの関係から光をあて、新たな一面を浮かび上がらせた『ルネ・マグリット 国家を背負わされた画家』を小社より刊行しました。この刊行を記念して、本屋B&Bにてトークイベントを開催いたします。
シュルレアリスム研究を代表する鈴木雅雄先生と、「ダリ展」「マグリット展」などシュルレアリスムをはじめとして現代美術の展覧会を企画された南雄介館長をゲストにお招きし、著者の利根川由奈先生とともに、マグリットの魅力について大いに語らっていただきます。
さらに、今年話題の展覧会、「ベルギー奇想の系譜展――ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」をすでにご覧になった方、あるいはこれから観に行かれる方にとっては、必聴のトークとなるでしょう。ふるってご参加ください!

参加を希望される方は、本屋B&Bのウェブサイトより直接お申し込み下さい。

場所:本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-12-4 2F
日時:2017年6月19日(月) 19:30-21:30 (19:00 開場)
参加費:1,500円+1 drink order


鈴木雅雄(すずきまさお)
早稲田大学教授。シュルレアリスム研究。近代視覚文化史のなかにシュルレアリスムを位置づけることが現在の課題。著書:『シュルレアリスム、あ るいは痙攣する複数性』(平凡社、2007年)、『シュルレアリスム美術を語るために』(共著、水声社、2011年)、『マンガ視覚文化論』(共編著、水 声社、2017年)、他。

南 雄介(みなみ ゆうすけ)
愛知県美術館館長。1959年鳥取県生。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。東京都美術館、東京都現代美術館、国立新美術館での勤務を経て、2017年より現職。キュレーターとしては、日本の現代美術の展覧会、欧米のシュルレアリスムを中心とする20世紀美術の展覧会(ピカソ展、マン・レイ展、シュルレアリスム展、マグリット展、ダリ展など)を、主として手がけている。著訳書に、「もっと知りたい マグリット 生涯と作品」(共著、東京美術)、カルボコレッシ著「マグリット」(翻訳、西村書店)など。

利根川由奈(とねがわ・ゆうな)
1985年横浜市生まれ。早稲田大学非常勤講師。京都大学大学院人間・ 環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(人間・ 環境学)。専門は美術史、文化政策史。 著書に『ルネ・マグリット 国家を背負わされた画家』(水声社)、『魅惑のベルギー美術』(共著、神戸新聞総合出版センター)。

 

日本フランス語フランス文学会2017年度春季大会、日本ラテンアメリカ学会第38回定期大会で、販売ブースを出展します!

2017年 5月 29日

今週末、2017年6月3日(土)と2017年6月4日(日)の両日に、東京大学駒場キャンパスで、日本フランス語フランス文学会2017年度春季大会、および日本ラテンアメリカ学会第38回定期大会が開催されます。
いずれの大会でも、弊社は販売ブースを出展いたします。
日本ラテンアメリカ学会では、18号館1階のラウンジが出版社の出展スペースとなります。
フランス文学・ラテンアメリカ文学に関連する様々な書籍を取り揃えておりますので、ぜひお立ち寄りください。

 

日本ロシア文学会主催公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』開催

2017年 5月 25日

来る2017年7月8日(土)に、東京大学本郷キャンパスにて、日本ロシア文学会主催による公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』が開催されます。
日時:2017年7月8日(土)14:30〜17:00
場所:東京大学本郷キャンパス 法文1号館113教室
予約不要、入場無料です。詳細は以下のフライヤー(JPEG)をご覧ください。
弊社も、書籍の販売ブースを出展いたします。ロシア文学・映画に関連する様々な書籍を取り揃えておりますので、ぜひお立ち寄りください。

russ_clt_symp2