8月2017のアーカイヴ

編集部・営業部移転のお知らせ

2017年 8月 29日

編集部・営業部移転のお知らせ

このたび水声社編集部は、業務拡大につき、8月28日付で移転する運びとなりました。移転に伴い電話番号、FAX番号も変更となります。
今後ともご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

新編集部:
〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東1-77-17
tel. 045-717-5356
fax. 045-717-5357

アクセス:
東急東横線綱島駅からバスで約10分
駅2番バス乗り場から「綱71」「綱72」「綱73」「綱79」いずれかに乗車し、「四ッ家」にて下車、「ローヤルよつや新吉田店」の脇の坂を上がり、三叉路を直進します。
「中里米店」の前を直進した先の駐車場の左にある、「鈴木」という表札の出ている建物が新編集部です。

横浜市営地下鉄グリーンライン高田駅から徒歩で約15分
第三出口を出て右折し、パチンコ・スロット店「LUCCA」の角を右折します。
そのまま直進して早淵川を渡ると五叉路に突き当たるので、「原石材店」の前を通る前方右の道に入ります。道なりにまっすぐ進み、「セブン・イレブン」の前を過ぎ、「旭建設」の先の十字路を左折します。
しばらく住宅街を直進し、左手、三番目の路地を入った先の、「鈴木」という表札の出ている建物が新編集部です。


新営業部:
〒112-0002 東京都文京区小石川2-7-5
tel. 03-3818-6040(旧編集部・営業部から変更なし)
fax. 03-3818-2437(旧編集部・営業部から変更なし)

 

鈴木宏『風から水へ』(論創社)、東京新聞で紹介

2017年 8月 29日

2017年8月4日(金)、東京新聞夕刊のコラム「大波小波」にて、小社社主鈴木宏の著書『風から水へ』(論創社)が紹介されています。『月刊 HANADA』の9月号でも紹介されています。
本の詳細については、論創社へお問い合わせください。

論創社
公式サイト:http://ronso.co.jp/
電話:03-3264-5254

 

8月の新刊:実在への殺到《水声文庫》

2017年 8月 14日

実在への殺到実在への殺到
《水声文庫》
清水高志(著)

判型:四六判上製
頁数:272頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0278-4 C0010
装幀:宗利淳一
8月末発売予定!

日本の哲学者による新たな創造。全ての制作者にとって、次なる創造の場を切り開く、21世紀の真の始まりを告げる哲学の誕生。

――上妻世海(作家・キュレーター)

20世紀の思想や文化、また西洋近代の世界観を乗り越えようとする、カンタン・メイヤスーやグレアム・ハーマン、そしてヴィヴェイロス・デ・カストロやフィリップ・デスコラやマリリン・ストラザーン……。彼ら彼女らの思想・哲学と強く共振し、深く共鳴しあいながら、世界に先駆け前世紀的哲学を突破した、著者渾身の評論!
Read the rest of this entry »

 

7月の新刊:小児科診察室 増補改訂版――シュタイナー教育・医学からの子育て読本

2017年 8月 14日

小児科小児科診察室
シュタイナー教育・医学からの子育て読本
(増補改訂版)
ミヒャエラ・グレックラー+ヴォルフガング・ゲーベル(著)
入間カイ(訳)

判型:A5判上製
頁数:576頁+別丁カラー48頁
定価:5000円+税
ISBN:978-4-8010-0165-7 C2077
装幀:齋藤久美子
7月25日発売!


「自分らしい生」を育む画期的育児書
乳幼児期から青少年期まで「教育と医学のつながり」からこどもの発達を心身ともに支える新しい育児書。原題『小児科診療時間』15版の全訳に18版より「携帯電話と電磁波スモッグ」「未来のための同盟」をあらたに追加し「予防接種」の項は現状にあわせて修正をほどこした増補改訂版。
Read the rest of this entry »

 

7月の新刊:ボーダー・クロニクルズ パルティータⅣ《パルティータ》

2017年 8月 1日

ボーダークロニクルズボーダー・クロニクルズ パルティータⅣ
《パルティータ》
今福龍太(著)

判型:四六判上製
頁数:272頁
定価:2500円+税
ISBN:978-4-8010-0254-8 C0036
装幀:西山孝司
好評発売中!


「越境者たちのアメリカ」はいまだに未知のアメリカである――
この陰翳に富んだアメリカの出現をよそに、アメリカ国家はいま何を真に抑圧しようとしているのだろうか? 異邦で不意に訪れるいまを描き出す軽やかな〈日誌〉。国境地帯を車で飛ばす旅人の移ろう視線が物語る一人称の〈小説〉。そして、バラ色の砂漠の民が奏でる音楽に目覚めた人類学者が記す鮮烈な〈民族誌〉。読み手によってさまざまな表情を見せる傑作紀行。

Read the rest of this entry »

 

7月の新刊:アイルランドの言葉と肉――スターンからベーコンへ

2017年 8月 1日

アイルランドの言葉と肉アイルランドの言葉と肉
スターンからベーコンへ
近藤耕人(著)

判型:四六判上製
頁数:237頁+別丁カラー4頁
定価:2800円+税
ISBN:978-4-8010-0262-3 C0098
装幀:伊勢功治
好評発売中!


自分の手が自分の身体の一部ではなく、獣にも共通する一般的な肉と見えたり思えたりするとき、「わたし」はなにものであり、どこにあるのであろうか。

〈言葉〉と〈肉体〉の相剋を鍵に、ジョイスやベケット、そして画家フランシス・ベーコンなど、アイルランドに縁の深い作家たちの創造力の原点に肉迫する。斬新な方法によってアイルランド芸術論に新たな地平を開く迫真の評論。
Read the rest of this entry »