9月の新刊:モーリス・ブランショ——レシの思想

2021年 9月 8日 コメントは受け付けていません。

ブランショ 書影モーリス・ブランショ
レシの思想
髙山花子(著)

判型:四六判上製
頁数:289頁
定価:3200円+税
ISBN:978-4-8010-00599-0 C0098
装幀:山崎登
装画:Dominique-Pierre Limon
9月下旬頃発売!

▶直接のご注文はこちらへ◀︎


言葉が表出する場としてのレシ
モーリス・ブランショがその批評と作品を通して追求した「レシrécit」=物語とはなにか。初期から晩年までその思想をたどることにより,言葉が《出来事そのもの》として表出する空間を明らかにする。


目次

序章 「レシ」を問うために――物語・歌・出来事
第一章  一九四〇年代のブランショ――「語り」としての「レシ」
第二章  想起なき虚無の言明――「虚構の言語」における「レシ」
第三章  「レシ」の生まれる地点――「想像的なものとの出会い」における「レシ」
第四章  来たるべき歌――マラルメとクラテュロス主義
第五章  子産みなき生成――「非連続の連続」としての「レシ」
第六章  ブランショにおける音楽と歌――両立しえないものの共存
第七章  失われた始まり――『謎のトマ』という「レシ」
終章 レシの限界――歌の残滓、誰でもない者のバラに向かって


参考文献
人名索引

あとがき

著者について
髙山花子(たかやまはなこ)
北海道生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。博士(学術)。現在,東京大学東アジア藝文書院(EAA)特任助教。専攻,歌をめぐる思想史,表象文化論。主な論文に,「『瞬間』に耳を澄ますこと――モーリス・ブランショにおける声楽的概念としての『歌』」(『表象』第八号,2014年),「声が歌になるとき̶̶――苦海浄土』の音響世界」(『石牟礼道子を読む――世界をひらく/漂浪(され)く』EAA Booklet 15,2021年),訳書に,モーリス・ブランショ『文学時評1941-1944』(共訳,水声社,2021年)などがある。

関連書
モーリス・ブランショ 文学時評 1941-1944/8000円
クリストフ・ビダン モーリス・ブランショ――不可視のパートナー/8000円
ジャン=リュック・ナンシー モーリス・ブランショ 政治的パッション/2000円

Comments are closed.